nuits.jp blog

C#, Xamarin, WPFを中心に書いています。Microsoft MVP for Development Technologies。

Azure Container Registryを使う

PrivateなDockerのRegistryとして、Azure Container Registryを利用する方法をまとめました。 今回はAzure Active Directoryを利用して認証する方法を紹介します。*1 *1:AADを利用せず管理者ユーザーを有効化する方が手軽ですが、アカウント・パスワードを共…

GithubリポジトリをVSTSにフォークする

表題のとおりですが「GithubのリポジトリをVSTSのGitリポジトリにフォークする方法」を紹介します。 まずプロジェクトを開いたら「Code」を選択し、リポジトリの選択プルダウンを押下し、「Import repository」を押下します。 Clone URLにGithubのリポジトリ…

Docker for Windowsでimageのpullに失敗した場合

つぎのようなエラーでイメージの取得に失敗した場合の対処方法です。 docker: Error response from daemon: Get https://registry-1.docker.io/v2/: net/http: request canceled while waiting for connection (Client.Timeout exceeded while awaiting head…

Docker for Windowsでホストのフォルダがマウントできなくなった場合の対処方法

昨日まで繋がってたのに!ってときに、次のようなエラーが出ていた場合の対処方法です。 docker: Error response from daemon: error while creating mount source path '/host_mnt/d/....': mkdir /host_mnt/d: file exists. Docker for Windowsの設定画面…

Windows Subsystem for Linux(Hyper-Vなし)でDockerを動かす

Docker for Windowsは非常に便利なのですが、Hyper-V前提になっていることが多くの足かせを生んでいます。Hyper-VはCPUの仮想化支援機能を占有してしまうため、VMwareなどの他の仮想化ソフトウェアや、Intel HAXMを利用したAndroid Emulatorと同時に動かすこ…

Windows 10でUsersフォルダを別ドライブへ移動する方法

Cドライブの要領が少ないPCの場合、やりたくなることありますよね?そんなときの対処方法です。

MarkdownからRe:VIEWを利用し簡単にPDF生成できるツールをリリースしました

MarkdownからPDFを簡単に生成できるDockerのContainerイメージを作成し、DockerHubに公開しました。 コマンドを2行実行するだけで作成できます。 中身的にはRe:ViewのContainerイメージをベースにmd2reviewをインストールし、サポートのシェルスクリプトをい…

Dockerでホストのフォルダをゲストとシェアする場合にFirewallで弾かれてエラーになる場合の対処方法

ポイントはシェアを許可してエラーになったあと、PCを再起動するだけです。 一応もう少し丁寧に手順を記載しておきます。 バージョンが変更になると事象や対処方法が変わる可能性があります。 環境 Windows 10 Professional 1803 Docker for Windows Version…

Docker for Windowsで"could not read CA certificate"エラーが発生した時の対応方法

Docker for Windowsのバージョンを上げた時などで、つぎのようなエラーメッセージがでてDockerがほぼ使えない状態になってしまいます。 could not read CA certificate "C:\Users\\.docker\machine\machines\default\ca.pem": open C:\Users\.docker\machine…

Xamarin.Forms.GoogleMaps.Bindings 2.2.0リリースしました

Xamarin.Forms.GoogleMapsのバインディング対応ライブラリを更新しました。 更新内容はひとまず以下の通り。 UpdateRegionBehaviorの追加 UpdateCameraPositionBehaviorの追加 MoveToRegionBehaviorでanimatedを指定できるように変更 近いうちに、もう少し本…

InfragisticsさんとCData Software Japanさんから頂いた肉セットを食べてみた

de:code大喜利の景品でお肉をいただいたのですが、頂いたらレポ要求を頂きました。 そういう訳で、先日到着したのでレポを書きました。 www.nuits.jp レポかいたら書いたで今度は あざっす!食レポもよろしくです!— Daizen Ikehara (@Neri78) May 28, 2018 …

de:code大喜利でInfragisticsさんとCData Software Japanさんから頂いた肉セットを開封してみた

de:code 2018のエキスポ会場をフラフラしていたら、Infragisticsさんのブースで捕まって、なんだか無理やり強制的に大喜利に参加させられました。 #decode大喜利 #decode18 pic.twitter.com/8ZDiN4uXtT— Atsushi Nakamura (@nuits_jp) 2018年5月22日 なんで…

de:code 2018のシアターセッションで登壇してきました

登壇といってもシアターセッションという15分枠でしたが。 https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2018/ JXUGのイベントで以前お話しした内容を、de:codeでも話してほしいとMVP伝手でお話をいただいたのがきっかけでした。 jxug.connpass.com セッ…

Xamarin.Forms.BehaviorsPack 2.0.0 リリース:究極に簡単に全てのイベントへコマンドをバインドできるようになりました

個人的にはタイトルは煽りでもなんでもなく、本気のつもりです。 https://www.nuget.org/packages/Xamarin.Forms.BehaviorsPack/2.0.0 例えば、PageのAppearingイベント発生時にCommandを実行したい場合、次のように記述すればOKです。

InfragisticsさんとPrism for Xamarin.Formsハンズオンを実施しました

Infragisticsさんに主催いただき、先日Prism for Xamarin.Formsのハンズオンを実施してきました。 connpass.com

CodeZineさんで「実践WPF業務アプリケーションのアーキテクチャ」という記事を書かせていただきました。

CodeZineさんで「実践WPF業務アプリケーションのアーキテクチャ」という記事を書かせていただきました。 実践WPF業務アプリケーションのアーキテクチャ ~ マイクロソフト公式サンプルデータベースAdventureWorksを題材に 概要編 実装編 マイクロソフトさん…

Microsoft Edgeで右クリからGoogle検索する方法

方法は簡単で、Edgeのデフォルトの検索プロバイダをGoogleに変更するだけでいつの間にかできるようになっていました。 と思ったのもつかの間、この機能は2018年7月29日現在、無くなっているようです。 現在は、こちらの記事にあるような、野良拡張を入れるし…

SimpleInjectorでCastle.Core DynamicProxyを適用する拡張ライブラリを公開しました

表題の通りですが、SimpleInjectorでCastle.Core DynamicProxyを適用する拡張ライブラリをNuGetに公開しました。 www.nuget.org こんな感じでつかいます。 var container = new Container(); container.InterceptWith<IncrementInterceptor>(x => x == typeof(Target)); container.</incrementinterceptor>…

Dapper.FastCrud.ModelGeneratorで数字始まりのカラムに対応する

Dapper.FastCrud.ModelGeneratorを利用することで、DapperおよびDapper.FastCrudから利用できるテーブルに対応するクラスを手軽に作成することができます。 Dapper.FastCRUD:ModelGeneratorを使う - nuits.jp blog しかし、標準のテンプレートではデータベ…

Dapper.FastCrud.ModelGeneratorでスキーマ名を明示的に指定する

Dapper.FastCrud.ModelGeneratorを利用することで、DapperおよびDapper.FastCrudから利用できるテーブルに対応するクラスを手軽に作成することができます。 Dapper.FastCRUD:ModelGeneratorを使う - nuits.jp blog しかし標準のテンプレートではスキーマ名…

Dapper.FastCRUD関連エントリー:目次

Dapper.FastCRUDは、Dapperの拡張ライブラリです。Dapper単体では提供されない範囲のCRUDについてのサポートを提供します。 本エントリーは、当ブログで記載した Dapper.FastCRUD 関連のエントリーの目次となります。今後も不定期に更新していきます。 Dappe…

Dapper.FastCRUD:ModelGeneratorを使う

Dapper.FastCRUDはDapperのExtensionライブラリです。DapperのExtensionライブラリは多数ありますが、以前に簡単に比較記事を書いていますので、良かったらご覧ください。 Dapperの拡張ライブラリは何がいいのか?ちょっとだけ調べてみた - nuits.jp blog Da…

新しめのSQL ServerでサンプルDB Northwind・pubsを使う方法

古めのサンプル DB の Northwind と pubs ですが、特に Northwind は簡単なテストに使いたい時がままあります。つぎのリンクからダウンロードするとmdfファイルが含まれているのですが、互換性の問題でそのままアタッチすることができません。 https://www.m…

リモートのIISへVisual StudioからWebアプリをWeb Deployする

本エントリーでは Visual Studio 上で ASP.NET などで実装した Web アプリケーションをリモートの IIS 上に公開する方法を記載します。 毎回忘れてしまうんですよね… オンプレミス環境でTFSなどから自動ビルド・自動配置するときにも、この設定が適用できま…

SQL Server でサンプルDBを利用する

SQL Server では公式のサンプルデータベースがGithubで複数公開されています。 github.com 本エントリーではSQL Serverのインストールから、サンプルデータベースの「Adventure Works 2017」を利用する方法について解説します。 ちなみに Adventure Works は…

【連載】ASP.NET Web API を使おう:第6回 Castle.Core DynamicProxy で AOP

本エントリーは連載「ASP.NET Web APIを使おう」の第3回となります。連載の目次はこちら。 www.nuits.jp さて今回はWeb APIでもAspect Oriented Programing(AOP)をする為、Simple Injector 上でCastle.CoreのDynamicProxyを利用する方法を解説します。実際…

【連載】ASP.NET Web API を使おう:第5回 統合 Windows 認証を利用する

本エントリーは連載「ASP.NET Web APIを使おう」の第3回となります。連載の目次はこちら。 www.nuits.jp さて今回は、Web API の利用にあたり統合 Windows 認証を適用する方法を説明します。

【連載】ASP.NET Web API を使おう:第4回 Simple Injector(DIコンテナ)を適用する

本エントリーは連載「ASP.NET Web APIを使おう」の第3回となります。連載の目次はこちら。 www.nuits.jp これまでWeb APIを作成し、swagger-codegenを使って生成したクライアントから、作成したAPIを呼び出す方法について説明してきました。 今回はWeb APIつ…

【連載】ASP.NET Web API を使おう:第3回 swagger-codegenでクライアントコードを生成する

本エントリーは連載「ASP.NET Web APIを使おう」の第3回となります。連載の目次はこちら。 www.nuits.jp さて第1回・第2回でWeb APIを作成し、SwaggerのAPIドキュメントを公開する方法を解説してきました。今回は、これまで作成したWeb APIに対してswagger-c…

【連載】ASP.NET Web API を使おう:第2回 Swaggerを適用する

本エントリーは連載「ASP.NET Web APIそ使う」の第2回となります。連載の目次はこちら。 www.nuits.jp さて今回は、第1回で作成したWeb APIに対してSwaggerを適用します。 SwaggerとはRESTfulなAPIを管理する多岐にわたる成果物群のことで、API仕様記述の標…