読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nuits.jp blog

C#, Xamarin, WPFを中心に書いています。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。なお掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Xamarin for Visual Studioをインストールすると認証プロキシ環境で落ちる話

Xamarin Visual Studio

はじめに

Xamarin for Visual StudioをインストールしたVisual Studio 2015が、認証プロキシ環境で落ちる問題が発生しました。

f:id:nuitsjp:20160329101710p:plain

認証情報を打ち込んでいるうちに落ちてしまうので、どうしようもありませんでした。
(私の打ち込みが遅いだけで、高速で打ち込めば大丈夫かもしれませんが)

いまいちな方法ですが、回避策が無いではなかったのでまとめておきます。

前提条件

Visual Studioをとりあえず起動する方法

以下の認証ダイアログが表示されたあと、即座にキャンセルボタンを押す

f:id:nuitsjp:20160329103835p:plain

それで一応起動はします。
ただこのままではXamarinが利用できないので、Xamarinを利用する場合は次の対応をしてください。

Xamarin for Visual Studioを使う場合

Visual Studioの起動後、「ツール」->「オプション」->「Xamarin」->「Other」を開く

f:id:nuitsjp:20160329104221p:plain

上記の画面で、CheckNowを押下する。

f:id:nuitsjp:20160329104318p:plain

この状態だと、のんびりプロキシの認証情報を打ち込んでもVisual Studioが落ちません。
あとは普通に使えばOKです。

さいごに

今回紹介した方法以外に、代理認証をしてくれるローカルプロキシを使う方法もある気がします。
(まだ試していませんが)

ただ、どちらにしてもスマートな解決方法ではないので、ほかに何かご存じの人がいたらぜひ教えていただけると助かります。