nuits.jp blog

C#, Xamarin, WPFを中心に書いています。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。なお掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Windows 7 SP1 セットアップ後の初回Windows Updateで8007000Eエラー

Windows 7 SP1 32bit(64bitは不明)をクリーンインストールした後、Windows Updateを実行すると8007000Eエラーで落ちてしまいます。

Microsoftのサイトには以下のような記載がありますが、上手くいきませんでした。

windows.microsoft.com

解決方法がわかりましたので、自分用にメモを残してしておきます。

原因はWindows Updateのプログラムが古く、大量に一括でパッチを当てようとするとメモリーエラーになるようです。
TecNetに情報がありました。
http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2015/09/30/3648889.aspx

最新のWindows Updateクライアントを入れると私は解消しました。
最新版は2016年3月時点ではいかにあります。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3138612