nuits.jp blog

C#, Xamarin, WPFを中心に書いています。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。なお掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

Xamarinのライセンスを整理してみた

本記事は2017年5月14日にリライトしました。

どうしてもXamarinのライセンスが難解だとの意見があるようなので、もう一度再整理しました。 今度こそ完璧に誰でもわかるはずです。

判定方法

f:id:nuitsjp:20170514003521p:plain

考え方の基本

Xamarinが無料になったと考えると、正しくとらえるのが困難です。つぎのように考えると間違いようがないでしょう。

  • XamarinはVisual Studioにライセンス上も統合された
  • したがって、適切なVisual Studioのライセンスを用意すればよい
  • ただし、Xamarin Studio for MacやVisual Studio for Macは年間クラウドサブスクリプションか標準サブスクリプション(つまりMSDN)が必要

ソースはこちら
Visual Studio 2017 製品の比較

またCommunityのライセンスは注意が必要で、自社が要件を満たしていても、受託開発時に委託元が要件を満たしていないとNGです。
ややこしいので、こちらも参考にしてください。
Visual Studio Community

なおXamarinを中心として見た場合、Visual Studioに付与される機能的には全て差異はありません。
これはMicrosoft Pertner Networkに電凸して確認したので間違いありません。
nuits.hatenadiary.jp