nuits.jp blog

C#, Xamarin, WPFを中心に書いています。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。なお掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

「Xamarinのインストールが遅い」は本当かどうか試してみた

結論
「くそ早い」

以上!

で、終わる訳にもいかないので詳細をもう少し解説したいと思います。

前提条件

  • CPU:Core i5 2500K
  • メモリ:8G
  • ストレージ:SATA接続SSD 256G
  • OS:Windows 10 クリーンインストール直後
  • ネットワーク回線↓このくらい

f:id:nuitsjp:20170326085123p:plain

測定結果:Visual Studio 2017

個別に測定した結果が、つぎの表の通りです。

No. 測定項目 計測結果 累計時間
1 Visual Studio コアエディター 1分10秒 1分10秒
2 Xamarin*1 4分30秒 5分40秒
3 JDK 0分45秒 6分25秒
4 Android SDK (API 23) 3分15秒 9分40秒
5 HAXM 0分30秒 10分10秒
6 Android NDK 6分00秒 16分10秒
7 UWP 6分45秒 22分55秒
8 F# 1分05秒 24分00秒
9 Google Android Emulator 4分40秒 28分40秒

これでも十分に早いですが、No.5まで一括インストールした場合、7分50秒と非常に高速です。
驚きませんか?
ちなみに前述の表は個別に測定した為、インストーラーの初期化とベリファイのオーバーヘッドがかかっている為、一括よりは長くかかっていると思われます。
どちらにしても、遅いとはとても言えない早さでしょう。

2017になってインストールが高速に!10分程度で!なんて嘘だろ(´・ω・`)
と思ってました。ごめんなさい。
本当に10分でインストールできます!(まっさらな環境なら

ところで、他のIDEと比較しても早いと言えるのか?気になりますよね。
ということで、Android Studioを計測してみました。

測定結果:Android Studio Ver. 2.3

Visual Studio 2017のケースのNo.5と同程度の構成になるように測定しています。
Visual Studio 2017のインストールはWebインストーラーを利用した為、こちらもダウンロード時間も計測しています。

No. 測定項目 計測結果 累計時間
1 JDK Download 0分45秒 0分45秒
2 JDK Install 0分40秒 1分25秒
3 Android Studio Download(Android SDKなし) 1分00秒 2分25秒
4 Android Studio Install 1分00秒 3分25秒
5 Android Studio First Startup 5分30秒 8分55秒
6 Android SDK Install 6分00秒 16分10秒

ちなみに、Android SDK同梱バージョンだと、19分ほどかかりましたがAndroid SDKがAPI 25で他と条件が異なるからかもしれません。
とはいえVisual Studio 2017はiOS関係のモジュールもインストールしている事も考えると非常に高速に思えます。
というわけで、やってみようと思った本人が一番驚いた結果でした。

今回はここまで、それではまた!

*1:No.4以降を除外した測定結果です