nuits.jp blog

C#, Xamarin, WPFを中心に書いています。Microsoft MVP for Development Technologies。

【作成中】【ハンズオン】.NET FrameworkのWPFを.NET Core 3.0にマイグレーションしてみよう!

絶賛工事中です。

2019年5月28日正式オープン予定。

はじめに

2019年はWPFにとって多くの意味でインパクトのある話題のある年となっています。その中でも次の二つはもっとも大きな影響を私たちに与えるでしょう。

  • 9月に正式にリリースされる.NET Core 3.0でWPFがサポートされる事となった
  • .NET Frameworkのメジャーバージョンが最新の4.8で最後のメジャーバージョンであると告知された

これから継続的にWPFアプリケーションに取り組んでいくうえで、.NET Core 3.0への移行は免れません。しかし新規開発ならまだしも、既存のアプリケーションを移行することは現実的なことなのでしょうか?

そこで本ハンズオンでは、実際に.NET Frameworkで構築したアプリケーションをもとに、.NET Coreへ移行していただき移行の「感覚」を理解していただこうと思います。

注意事項

「感覚」と表現したのは意図があります。移行の詳細をもれなく理解するには公式のドキュメントを読んでいただくのが最良でしょう。本ハンズオンではモチベーションから具体的な計画につながるそのハザマの「現実的な感覚」を理解してもらいたいと思っています。

実際の移行案件では以下の公式ドキュメントを参照してください。

docs.microsoft.com

docs.microsoft.com

続きを読む

.NET Core 3.0の次のバージョンは.NET 5になりOne .NETへ。Core 3.0を含むロードマップも公開

ソースはこちら。

Introducing .NET 5 | .NET Blog

.NET Core 3.0の、その次のバージョンは.NET 5になり、ひとつの.NETとして統一されるそうです。

f:id:nuitsjp:20190507032618p:plain

これはMonoが無くなるという意味ではなく、棲み分けるという意味のようです。

  • Mono ⇒ 高速起動、低フットプリント、低リソース消費
  • .NET Core ⇒ 高スループット、高信頼性

その上で、基本ライブラリ(BCL)として.NET Coreで利用されているCoreFXをMonoからも利用できるように対応することで、ランタイムとその上で動作するアプリケーションを、実行環境に合わせて任意に組み合わせて利用できるようになるという意味での「ひとつの.NET」という解釈のようです。

このため逆に.NET CoreにはJavaやObjective-C、Swiftなどとの相互運用機能などが追加されていきます。

気になるリリースは3.0のGAが今年の9月、その後の11月に3.1がでてこれにLong Term Supportが付いて、.NET 5.0は2020年11月、ただしLTSは2021年の11月.NET 6.0?(ちょっと間が空きすぎるきが...)

f:id:nuitsjp:20190507033259p:plain

そのほかにも、なかなか興味深い内容が多いのでぜひ全文に目を通してみることをお勧めします。

ひとまずは以上で。

Visual Studio 2019で始める「WPF on .NET Core 3.0」開発 というタイトルで登壇してきました

「Visual Studio 2019 Launch Event in Tokyo.」で、Visual Studio 2019で始める「WPF on .NET Core 3.0」開発 というタイトルで登壇してきました。 資料はこちら

www.slideshare.net

今回はコードの公開ができないので、部分的にですが資料とその解説をこちらにアップしておきます。もしよかったらご覧ください。

続きを読む

GitHubのReleaseのダウンロード数をカウントする

私の自慢のCopy to Markdown Add-Inは3,331ダウンロードされているようです。ヘヘヘ。

GitHub APIを利用して、GitHubのリポジトリのreleaseで公開しているモジュールのダウンロード数をカウントします。

gist.github.com

GithHub APIの使い方についてはこちらを参照ください。

www.nuits.jp

Visual Studio CodeのTerminalからdotnetコマンドが見つからない場合

.NET Core SDKをインストールしてもVS Codeのターミナルからdonetコマンドが見つからず、実行できないことがあります。

そんなときはPCを再起動すると直るかもしれません。私は直りました。

github.com