nuits.jp blog

C#, Xamarin, WPFを中心に書いています。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。なお掲載内容は個人の見解であり、所属する企業を代表するものではありません。

SQL Server でサンプルDBを利用する

SQL Server では公式のサンプルデータベースがGithubで複数公開されています。

github.com

本エントリーではSQL Serverのインストールから、サンプルデータベースの「Adventure Works 2017」を利用する方法について解説します。

ちなみに Adventure Works は非常に素直な?データベース設計です。ただしSQL Server の最新の機能を使いこなしているとは言えません。そういう用途では World Wide Importers が参考になります。World Wide Importers も本エントリーの手順で利用できますので、興味のある方はお試しください。

1. 前提条件

  • SQL Server 2017 Developer Edition

2. SQL Serverのインストール

まずはWebからインストーラーをダウンロードします。2017/2/16時点では以下のアドレスからダウンロードできます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/sql-server/sql-server-downloads

Developer エディションをダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら実行します。まず起動されるのは SQL Server のインストーラーではなく、インストーラーをダウンロードするアプリになります。

つぎの画面が表示されたら「カスタム」を選択してください。

f:id:nuitsjp:20180216125637p:plain

インストーラーの保管場所を選択し、「インストール」を押下します。実際にはSQL Server のインストールが始まるわけではなく、インストーラー本体が指定のパスに保管されます。

f:id:nuitsjp:20180216130132p:plain

完了すると、インストールセンターが開かれますので、「インストール」を選択します。

f:id:nuitsjp:20180216130149p:plain

続いて一番上のメニュ「SQL Server の新規スタンドアロン インストール〜」を選択します。

f:id:nuitsjp:20180216130320p:plain

Developer エディションが選ばれていることを確認し、「次へ」を押下します。

f:id:nuitsjp:20180216130526p:plain

ライセンス条項が表示されますので、よく読み問題がなければ、ライセンス条項の同意にチェックして「次へ」を押下します。

f:id:nuitsjp:20180216130946p:plain

「Microsoft Update を使用して更新を確認する(推奨)(M)」にチェックを入れて、「次へ」を押下します。

f:id:nuitsjp:20180216131238p:plain

更新プログラムの確認が完了し、つぎの画面が表示されたら「次へ」を押下します。

f:id:nuitsjp:20180216131453p:plain

するとPCの状態チェックが行われます。問題がなければ「次へ」を押下します。

つぎのイメージではファイアウォールで警告が出ています。これはリモートから SQL Server に接続するためのポートが開いていないためです。ここではローカル接続だけを考えるため、そのまま次へ行きましょう。

f:id:nuitsjp:20180216132318p:plain

つづいて、インストールする機能を選択します。

「データベース エンジン サービス」のみをチェックし、「次へ」を押下してください。

f:id:nuitsjp:20180216132623p:plain

つぎに、セットアップするインスタンス名を設定します。SQL Server では単一サーバー上に複数のインスタンスを起動することができます。起動するインスタンスのサーバー内で一意になる名称を決定します。

ここでは規定のインスタンスを選択したまま、「次へ」を押下します。

f:id:nuitsjp:20180216133221p:plain

つぎの画面では SQL Server のサービスの動作ユーザーや照合順序を設定できますが、ここでは何も変更せずに「次へ」

f:id:nuitsjp:20180216133456p:plain

つづいて認証情報の設定をします。ここでは混合モードを選択しています。そのため sa (管理者)のパスワードを設定した上で、現在操作中のユーザーを管理者に登録します。

Windows 認証モードのみでも良いのですが、開発時にユーザーを切り替えて評価するようなケースが考えられるので、混合モードにしておきます。

f:id:nuitsjp:20180216134457p:plain

アカウントが管理者に登録されたら、「次へ」を押下してください。

f:id:nuitsjp:20180216140056p:plain

するとインストール構成の確認画面が表示されますので、問題なければ「インストール」を押下しましょう。

f:id:nuitsjp:20180216140236p:plain

するとインストールが始まります。つぎの画面が表示されたら無事インストールは完了です。

f:id:nuitsjp:20180216140350p:plain

3. SQL Server Management Studio のインストール

それではつづいてSQL Server Management Studio 通称 SSMS をインストールします。

まずはWebからインストーラーをダウンロードします。2017/2/16時点では以下のアドレスからダウンロードできます。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/ssms/download-sql-server-management-studio-ssms

ダウンロードが完了したら起動し、「インストール」をクリックしましょう。

f:id:nuitsjp:20180216140813p:plain

あとはしばらく待つだけです。

f:id:nuitsjp:20180216140848p:plain

4. サンプルDB「AdventureWorks2017」の復元

それではいよいよサンプルDBを復元します。

まずはGithubのReleaseページから、最新のAdventureWorks2017.bakをダウンロードしてください。

https://github.com/Microsoft/sql-server-samples/releases

この辺りにあります。

f:id:nuitsjp:20180216141319p:plain

つづいてSQL Server Management Studio を起動しましょう。

起動すると、まず接続ダイアログが表示されます。今回はローカルにあるデフォルト名のインスタンスに接続するので、そのまま「接続」を押下しましょう。

f:id:nuitsjp:20180216142219p:plain

それでは、先ほどダウンロードしたバックアップファイルを使って、DBを復元します。

左のメニューから「データベース」を右クリックし、「データベースの復元(R)...」を選択します。

f:id:nuitsjp:20180216142514p:plain

「データベースの復元」ダイアログが開かれたら、「デバイス」ラジオボタンを選択し、その右の「...」を押下してください。

f:id:nuitsjp:20180216143125p:plain

すると「バックアップ デバイスの選択」ダイアログが開かれますので、「追加」ボタンを押下し、「AdventureWorks2017.bak」ファイルを選択し、「OK」ボタンを押下してください。

f:id:nuitsjp:20180216143538p:plain

すると「データベースの復元」画面に戻りますので「OK」ボタンを押下しましょう。

f:id:nuitsjp:20180216143659p:plain

つぎのダイアログが表示されたら復元完了です。

f:id:nuitsjp:20180216143808p:plain

SQL Server Management Studioで「データベース」を開くと、「AdventureWorks2017」が復元されているのがみて取れるでしょう。

f:id:nuitsjp:20180216144008p:plain

以上です。